FC2ブログ
俺がガンダムだ。
1体製作しては3体購入!塗装スキルはないので、とにかくパチ組み、自己満足blog。おらが浦和レッズも応援。ときどきスタジアムへ外出中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの消失
映画「涼宮ハルヒの消失」を観てきました。
ガンプラ系のネタの更新を怠って感想でお茶を濁します。
ネタバレ等があった場合は、ごめんなさい。


まず、この映画は
1.原作「涼宮ハルヒの消失」を読んだ。
2.アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の第1期が好きだ。
3.長門有希がスキ
っていう人におすすめの作品と言えます。
あと「笹の葉ラプソディ」を知っていれば、
なお楽しめるんではないでしょうか?

というか、上記に一つも当てはまらない人は
観に行かないでしょうけど。


作品としては原作をできる限り忠実に再現。
絵の質の統一感や作画が時々気になったけど、
製作側の丁寧な作りというか、愛情を感じられる作品でした。
文章では伝わらない長門のしぐさは、
長門好きにとってたまらない作品だと思います。
アニメ版1期の良い雰囲気がでていて、映画自体は良作でした。

ただ、この映画の問題は、上映時間の長さでしょう。
2時間42分。アニメとしては超長いです。
前述しましたが、原作にできるだけ忠実に再現しているために、
この長さになったんでしょうけど、あまり起伏の少ない作品だけに
この長さは正直しんどい。

カットするところはカットする、
短くするところは短くする勇気があれば、
もう少し評価の上がった作品になったと思います。

これでリピートキャンペーンとかをやってるわけで、
この長さの映画を2回・3回と観させられるのはどうかと。。。
まあ、転売屋はがんばるんでしょうね(笑)

あと、あのアカペラのエンディングはなんなんですか???


ホントの問題。
24館と少なめの上映館数。
1週間で2億円の興行収入突破!?といった記事が見られますが、
実はこの作品って映画化するほどの作品じゃないよねっ!
て言うのがホントの感想。

第1期、DVDの販売枚数は平均約41000枚×8
第2期、DVDの販売枚数は平均約13000枚×8
※数字は正確ではありませんが。

第2期はエンドレスエイトでかなり"ハルヒ離れ"が進んだ問題作。
本来は1話、2話でできた話を8週にかけて放送するという暴挙。
1期の人気がそのまま継続するとは限らないが、
単純計算で28000枚×8×6000円の販売損失

162分÷30分≒6話
エンドレスエイトと溜息を"本来"のハルヒで放送すれば、
2期の枠にしっかり収まった作品なんですよね。消失って。

そこまでして映画化する必要があったのか?
DVDの売り上げを減らしてまでの利益があるのか?
「ハルヒの消失」は角川の犠牲となった作品なのでは、
と思った今日この頃でした。


ランキングに参加してます。
ぽちっぽちっと2クリックぷりーず
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ


つづく。
スポンサーサイト

テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kerokerokero22.blog72.fc2.com/tb.php/238-e777246b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。